アートメイクの施術の流れとは?

メンテナンスが必要

アートメイクアートメイクは、行うと皮膚の薄い部分に色素を入れるので、刺青と違い、皮膚の新陳代謝によって、時間と共に色が薄くなっていきます。しかし色が薄くなるといっても、アートメイクを施した部分が均一に薄くなっていくわけではありません。日頃からの洗顔の仕方、新陳代謝であっても均一には行われないので、不均一に色は薄くなっていきます。そのために、時間と共に、色の濃いところと薄いところが出てきます。

1度だけアートメイクを行い、色が薄くなっていくのに任せる人は関係ないですが、通常半年から2年ほどで色が消えていくので、数年以上長くアートメイクを施したい人は、定期的にメンテナンスが必要です

メンテナンスは、最初に施術を行ったように、アートメイクを施した部分に、もう一度色素を補充していきます。薄くなった部分に補充し、綺麗な仕上がりに戻します。このために、最初に施術を受けるときに料金はかかりますが、メンテナンスを受けるときも料金が発生します。特に不都合でなければ、最初に施術を受けたクリニックで、メンテナンスを受けると良いでしょう。多くのクリニックでは、施術後のメンテナンスにも対応しているので、そのまま時間が経てば再度施術を受けられます。


メンテナンスが必要
Previous post
施術は医師免許必須
Next post