アートメイクの施術の流れとは?

アートメイクの施術

アートメイクの施術を行うときは、美容クリニックを訪れると、はじめから急に施術を行うわけではありません。まずは、カウンセリングをして、どの部分にアートメイクを施したいのか、何色にするかなどを話し合います。また施術の説明を行い、患者様は同意書にサインしてもらいます。カウンセリングでは、不安なことや疑問もあれば、聞くことができます。さらには、どのようなデザインにするのか決めていき、実際にペンを使って施術する部分にラインを書き、色やおおまかなデザインを決定します。このような前段階の準備をしてから、施術に入ります。

アートメイク施術は1回でなく、どこのクリニックでも2回から3回行います。1回目の施術では、色素を皮膚に付けるような感じで行い、1回目の段階であれば、色や形の変更は可能です。施術を行うと、皮膚にニードルでキズを付けることになるので、2回目の施術は2週間ほど時間を置き、皮膚の状態が収まってから行います。3回目の施術に関しても、同じく2週間程度時間を置いてから行います。全体で4週間から6週間ぐらいで施術は終了し、施術部分は赤みがかっているので、時間と共に落ち着いていき、アートメイクが完了します。

ニードルを使って施術を行いますが、クリニックによって、手彫りと機械彫りがあります。手彫りは自然な仕上がりになりますが、施術精度は医師の技量に左右されます。機械彫りは左右対称に、崩れることなくアートメイクを施せます。


施術は医師免許必須
Previous post
アートメイクの施術
Next post